Lee International

金眞會 (キム・ジンフェ)

副所長 / 弁理士

キム・ジンフェ副所長弁理士は化学、バイオ、製薬分野の特許出願、審判、訴訟に対し27年以上の経験を有しています。1997年にLee International IP & Law Groupに入所する前は、特許法人Y.S.CHANG(1992~1997)で弁理士として勤務していました。

これまで、特許出願業務だけでなく、特許審判院関連の特許無効審判、権利範囲確認審判のような当事者系審判や、特許法院及び大法院関連の特許訴訟に携わるにあたり優れた能力を発揮してきました。知的財産権契約及び実施許諾契約に関するクライアントへの諮問提供や、専門分野に関する多くの鑑定事件にも従事しています。また、研究所や大学だけでなく、大規模な多国籍企業や中小企業など様々なクライアントを担当しています。

日本の歴史や文化、言語、知的財産権に対する深い理解をもとに、当所の日本関連の業務を総括・主導し、日本のクライアントの皆様に満足していただけるよう、各々のニーズに合わせた日本語法律サービスを提供しています。

キム・ジンフェ副所長弁理士は、自身の専門分野だけでなく特許訂正、均等侵害、禁反言、特許権の存続期間延長制度などについても著述及び講演をしており、各テーマやその他関連テーマについての論文も多数発表しています。

ソウル大学微生物学科で学士(1987)を取得し、生化学及び分子生物学科では修士学位(1989)を取得しました。

現在、大韓弁理士会(KPAA)、アジア弁理士会(APAA)、日本知的財産協会(JIPA)、日本ライセンス協会(LES JAPAN)及び日本商標協会(JTA)の会員です。

T. 82-2-2262-6038

F. 82-2-2273-4605

Practice Area


  • 特許出願及び特許権存続期間延長登録出願の審査関連業務

  • 特許審判院関連の当事者系及び決定系審判の処理

  • 特許法院及び大法院関連の特許訴訟代理

  • 地方法院での訴訟支援

  • 医薬特許許可連携

  • 技術移転及び実施許諾交渉

  • 製薬、生命工学、生化学、分子生物学、微生物学

  • 化学、金属、電子材料

Education


  • ソウル大学微生物学科 (理学士, 1987)

  • ソウル大学大学院生化学及び分子生物学科 (理学修士, 1989)


Experience


  • 特許法人Y.S.CHANG (1992~1997)

  • Lee International IP & Law Group (1997~現在)

Qualifications


  • 弁理士 - 大韓民国 (1995)

Membership


  • 大韓弁理士会 (KPAA)

  • アジア弁理士会 (APAA)

  • 日本知的財産協会 (JIPA)

  • 日本ライセンス協会 (LES JAPAN)

  • 日本商標協会 (JTA)

Publications / Presentations


  • Study for the Patent Term Extension System in Korea (2002)

  • The Doctrine of Equivalents and Prosecution History Estoppel in Korea (2003)

  • Whether Specifically Limiting A Claim By Adding Other Elements
    (External Limitation) in a Correction Trial Substantially Alters the Scope of the Claims (2005)

  • “訂正審判における外的付加訂正と特許請求の範囲の実質的変更有無に関する判断基準” 知財管理 Vol.55, No.9 (2005.8)

  • “韓国における発明の進歩性判断方法としての技術の豊富化について” 知財管理 Vol.67, No.7 (2017.7)

Etc


  • 言語 : 韓国語、日本語、英語

Go to previous page