Lee International

個人情報処理方針

Lee International IP & LAW GROUP(以下‘会社’とする)は、全ての個人情報を『個人情報保護法』等の関連法令にもとづき、又は情報主体の同意により収集・保有。処理します。

第1条 個人情報の処理目的

会社での業務遂行上、収集又は処理した個人情報は、目的以外の用途には利用されず、目的が変更された場合には、個人情報保護法により別途に同意を受ける等の必要な措置を履行する予定です。

第2条 個人情報の処理及び保有期間

収集された個人情報のうち利用目的が達成されたものについては、該当情報を遅滞なく破棄し、会社内部方針、又は情報主体から個人情報収集時に同意を得た個人情報の保有及び利用期間、関連法令の規定内で個人情報を処理・保有します。

第3条 個人情報の第三者提供

会社は個人情報を告示した範囲内で使用し、情報主体の事前同意なしにその範囲を超過して利用したり、情報主体の個人情報を外部に公開することはしません。しかし、その他法令による要求があった場合には例外とします。

第4条 個人情報処理の委託

会社は原則的に情報主体の同意なしに個人情報の処理を第三者に委託しません。

第5条 情報主体の権利・義務及び行使方法

情報主体は、会社に対しいつでも、次の各号の個人情報保護関連権利を行使することができます。

情報主体が個人情報の誤謬等に対する訂正又は削除を要求した場合、会社は訂正又は削除を完了するまで当該個人情報を利用又は提供しません。

第6条 個人情報処理項目

会社が処理する個人情報は、情報主体が提供した項目のみに限ります(姓名、一般電話番号、電子メール等) 。

第7条 個人情報の破棄

会社は個人情報保護期間の経過又は処理目的の達成等により、該当個人情報が必要なくなったときには、遅滞なくこれを破棄します。情報主体からの同意を得た個人情報保有期間が経過したか、処理目的が達成されたにもかかわらず、その他法令により個人情報を継続して保存しなければならない場合には、該当個人情報を別途のデータベースに移すか、保管場所を異にして保存します。

個人情報破棄手続及び方法は次の通りです。

1. 破棄手続
会社は破棄事由が発生した個人情報を選定し、会社の個人情報保護責任者の承認を得て、当該個人情報を破棄します。
2. 破棄方法
会社は、電子的ファイル形態で記録・保存された個人情報については、その記録を再生できないように破棄し、紙文書に記録・保存された個人情報は、粉砕機で粉砕又は焼却して破棄します。

第8条 個人情報の安全性確保措置

会社は収集した個人情報の安全性確保に必要な技術的、管理的、物理的措置を行っています。

第9条 個人情報保護責任者

会社は個人情報を保護し、個人情報と関連した不満処理及び被害救済等のために、下記のとおり個人情報保護責任者を指定しています。
区分 姓名 連絡先
個人情報保護責任者 ホン・スンヒョン 02-2279-3631

第10条 権益侵害救済方法

情報主体は、個人情報侵害による被害救済、相談等を受けるために、個人情報紛争調停委員会、韓国インターネット振興院個人情報侵害・申告センター等に、紛争解決や相談等を問い合わせることができます。

第11条 個人情報処理方針変更履歴

- 本個人情報処理方針は、2018年 5月 1日から適用されます。

SSL Certificates