Lee International

李美貞 (イ・ミジョン)

副首席弁理士

イ・ミジョン弁理士は、Lee International IP & Lawの副首席弁理士であり、商標及びデザイン専門の弁理士として2004年から商標、デザインに関する権利分析及び先行調査、出願、審判、訴訟など国内外のクライアントを代理しています。

特に、商標登録無効訴訟と取消訴訟、デザイン登録無効訴訟と権利範囲訴訟など広範囲にわたる経験を有しており、ファッション産業関連の総合的なポートフォリオ管理及び諮問業務を担当しています。

イ・ミジョン弁理士はソウル大学衣類学科を卒業しており、流暢な英語を駆使し、日本語は専門的な業務の遂行が可能です。

Global Legal Groupの「The International Comparative Legal Guide to Trade Marks 2014, 2015, 2016」韓国部門の著者であり、またIP Media Groupの「World Trademark Review (WTR): Trade Marks 2014, 2015」韓国部門の共同著者でもあり、韓国経済新聞社発行「2015経済大展望」に知的財産権分野の展望に関する記事を共同で寄稿しました。

イ・ミジョン弁理士は大韓弁理士会(KPAA)、アジア弁理士協会(APAA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、国際商標協会(INTA)、韓国商標デザイン協会(KOTA)の会員です。

T. 82-2-2262-6412

F. 82-2-2273-4605

Practice Area


  • 米国、欧州や日本のクライアントを代理して商標出願、審判、訴訟及び分析

  • 米国、欧州や日本のクライアントを代理してデザイン出願、審判、訴訟及び分析

Education


  • ソウル大学衣類学科 (学士, 1997)

Experience


  • 韓国経済新聞社 (1997~2000)

  • Choice Kim Intellectual Property Law (2004)

  • 大陸国際特許法律事務所 (2005~2006)

  • Lee International IP & Law (2007~現在)

Qualifications


  • 弁理士 - 大韓民国 (2003)

Membership


  • 大韓弁理士会 (KPAA)

  • アジア弁理士協会 (APAA)

  • 国際商標協会 (INTA)

Publications / Presentations



  • The International Comparative Legal Guide to Trade Marks, Global
    Legal Group

  • World Trademark Review (WTR): Trade Marks, IP Media Group

Etc


  • 言語 : 韓国語、英語、日本語

Go to previous page